スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

#41-1 はじめてのカイザー

2009.11.30 00:04  レッスン日記

レッスン日記 第41回 その1
2009.11.21

 さて発表会も終わって三週間。先週お休みをいただいたのでようやく本格的にレッスン再開、という感じです。

 が、毎年11月の第3木曜日はボージョレー・ヌーボーの解禁日。ということでもちろん木、金と二日続けてしこたま「試飲」したので殆ど練習できてません。

 ともあれレッスンのスタートは今日から始まるカイザーの1番です。

 ゆっくり弾きはじめます。ずーっと一通り通して弾き終わったときの師匠のコメント。
「宿題になっていた指をきちんとおくことはまあまあ出来ていますね。音程もまあまあ大丈夫です。でもA線とE線はなかなかいいけど、D線G線の方は指が届かないためかちょっと不安定ですね。」

 あの、2週間ギコギコこれをやってましたからね。そこそこ出来ないとさすがにまずいです。ちなみにE線、A線のほうは4の指でとるドとミの音、はずさないようにしっかり伸ばしていたのですが、その下の方はちょっと手を抜きがちだったのでした。というわけで、比較的師匠のご機嫌も麗しくスタートしたレッスンですが・・・

 2の指の音程がいまいち。というか「ちゃんと楽譜見てないでしょう」、とのご指摘。要は、♯なのかナチュラルなのかいい加減に真中おさえているのでは?との指摘です。ついでに時々1の指、とくにファの音がどっちなのか迷っていたりして。

 何回か書いてますけど、家で弾いているときには譜面台をごく近く(時々弓のスクリューが譜面台にあたったりします)に置いているのですが、師匠のところだとちょっと離れていて、要はなにか臨時記号が付いているのは判るのですが、それがシャープだかフラットだか区別が付かないのです。暗譜していればともかく、カイザーの一番を暗譜しても仕方がない(?)ので譜面とにらめっこして弾いていたのがその理由です。あはは。

 まあ、師匠に言い訳はしませんでしたけど、これはちゃんと見れば判りますし、指摘があればすぐ直せます。
 
 師:「でもなんだか音がスカスカですね。ずっと指板の方を弾いていますけど、ひょっとしてわざとやってる?」ーそんなわけないです、とあわてて言い訳します。

 なぜだか随分指板よりを弾いていました。すぐに直して弾きなおすと随分音もきれいになりました。

 ついでに音程のお話。「鈴木の教本って最初はシャープが3つ、次に2つ、そして1つの調をやってそれから♭の曲になるので、何にも付かないハ長調の音程がまだしっかり身についていないですね。」と師匠。

 ゆっくり「どれみふぁそらしど」をG線からE線まで弾きます。師匠の指使いをじっくり見ていると、E線のシからドを4の指でとるときにすっと伸びるのがうらやましい。これ、よっこらしょ、と伸ばさないと全然音程あたらないのですけど。

 もう何度か弾いて、OKとなりました・・・って他の弾き方やらないんですかね。とりあえずこれで先に進んで後から戻ってくるのでしょうか?

 実はスタッカートやら16分音符、三連符、4音スラーくらいまでは練習してきたのですがとりあえず次に行くことになりました。まあ、後は適当に練習しておきなさい、ということかも知れませんが。

 ついでに次。2番・・・はあっさりパス。え、これもちょっとやってきたのですけど、とても難しくってガタガタなのでよかったのですが、どうやらこれはビブラートの練習用にとっておく様です。そういえば、鈴木2巻のユダス・マカベウスもそうでしたね・・・うーん、飛ばすなら飛ばすと先に言って欲しいですけど・・・

 で次は3番をゆっくりでいいから見てくること、になりました。「長ければ2回に分けて途中適当なところまででいいですよ。」とのこと。

 3番は途中で変な臨時記号が出てくるあたりでおかしくなるので、その手前までだとあんまり練習にならないのでちゃんと全部見てきますけど・・・

 というわけでカイザーの使い方は、全部の奏法を一気にやっていくのではなく、適当にはしょって指を安定させることに使う、というのがいまのところ師匠の方針のようです。

 一つづついろんな奏法をやっていると永遠に1番、2番から抜け出せそうもないので、これは一つの方法かも知れませんが、結構一生懸命練習したのでやや拍子抜け、という感じです。

 まあ、遠からず戻ってくるような雰囲気ではありますが・・・。

 というところでここまでで何回もカイザー弾きなおしたので30分くらい経っていました。

(つづく)
スポンサーサイト

タグ : カイザー1巻

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。