スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

テンポ、テンポ、アテンポ

2009.12.05 00:02  レッスンの周辺

毎度毎度のレッスン日記でおなじみですが、毎回のレッスンのパターンは調弦してからいきなり課題曲を弾きます。まあ大抵は途中で止められるのですが、最近はそれでも師匠に止められずにそこそこ長いパッセージを弾くことも多くなりました。とはいうものの、師匠が黙って聞いていると、こちらもちょっと心配になって半ページも過ぎた頃で自分でやめてしまったりもしますが。

 で、この最初に弾くパターン、毎回慣れっこのはずなのですがなぜかかなり緊張して汗をかいて指も滑りますし、その上、テンポが速くなりがちです。いわゆる「走っている」状態で弾き続けるので遅かれ早かれ破綻して師匠に叱られることになります。

 「もっとゆっくりやりましょう。」といって時々手拍子でテンポをとっていただくのですが、実はこれ、とても苦手です。

 どういうわけか手拍子と微妙にずれてきます。というか、手拍子が鳴る直前に音をとろうとするので前のめりです。まあ、見方によってはわざわざ手拍子とタイミングをはずして弾いているようにも聞こえかねないので、実は師匠が気分を害されているのではないか、とこちらも気になります。(というか、大きな声ではいえませんが、実は師匠の手拍子、わざと途中からゆっくりたたいていることも多いのですけど)

 家で電子メトロノームを鳴らしながら練習していてもおんなじで、なんとなくしっくり来ません。もし師匠にギリギリ怒られたらこの言い訳しかありません。

 ところで以前読んだ本の中に、「人は時間をどのように知覚するのか」、という実験がありました。(というか、あったような気がします・・・)。

 まあ実験と言っても大したことではなく、例えば、時計を見ずに「いまから40秒後に合図してください」といって、いろんな人にやってもらい、そこそこ正確だった人に一体どうやってきちんと40秒を計ったのか、と尋ねるというものです。

 どの本で読んだのかはっきりとは覚えていないのですが、その結果は大きく分けて2グループに分かれたそうです。

 一方のグループの答えは、「実際に数える」、つまり「心の中で声を出して数えていく」と言うものです。これ、心の中で出した声を聞く、という意味で聴覚型ですね。

 もう一方のグループの答えは、「頭の中で時計の秒針が動いているのを想像する」というもの。これのバリエーション(目盛りがついたテープとか振り子とか)はいくつかあるようですが、いずれにしても一定速度で動いているものを想像してその動きから時間の経過を判断するという意味で、いわゆる視覚型ですね。

 ということで師匠の手拍子でも電子メトロノームのピッピッという音でも上手くいかないテンポの練習、きっと誰かに目の前で棒を振ってもらえばちゃんと弾けるようになる可能性が高いです。さすがに自分で自分用に指揮するわけには行かないので・・・(笑)

 というわけで、せめてちゃんとした昔ながらの振り子式メトロノームを買うことを検討中です。どれだけ効果があるかわかりませんが・・・(笑)

 あ、電子メトロノームにもちゃんとLCDの画面にバーがでて左右に揺れますが・・・あれ、ゆれ方が普通の振り子に比べてどうしてもぎこちないですし、それより何より、バーが細すぎて譜面台においても老眼だと見えないのです(笑)
スポンサーサイト

タグ : メトロノーム

テーマ : バイオリン - ジャンル : 音楽

| コメント(12) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

私は目で見るのは無理です……(楽譜ガン見派だし<-他のものを見ている余裕がない;)
凄いですね。視覚型。
頭良い人は脳の使い方が違うのかなあ(一度に普通の人よりは沢山の違った部分が使えるとか)。

発表会で伴奏してくださったピアニストの方が、二度目の合わせ練習の時、前回のテンポでメトロノームをこっそりONしてらして(勿論音は消して、赤いランプがぴかぴかしてるだけの状態)。
「ちょっと前より速くなりましたね」と言われた時、「うわプロフェッショナル」と思ったのを思い出しました。
ド素人に合わせて伴奏しながらメトロノームのランプを確認するなんて、出来る人にはなんてことないのかもしれないですけど私には信じられない芸当でした;

i-hana | URL | 2009.12.05 01:31 | 編集

Re: タイトルなし

i-hanaさん
おはようございます。

> 私は目で見るのは無理です……(楽譜ガン見派だし<-他のものを見ている余裕がない;)
> 凄いですね。視覚型。
> 頭良い人は脳の使い方が違うのかなあ(一度に普通の人よりは沢山の違った部分が使えるとか)。

うーん、これ、どちらが凄い、と言うことではなかったと思います。ただ2つのタイプがある、と言う結論だったような。
でも逆に楽譜をガン見していると、それほどテンポって狂わないと思うのですけど。まあ、弾きやすいパッセージだったり、単純なパターンが続くとどうしても早くなりがちですが。

> 発表会で伴奏してくださったピアニストの方が、二度目の合わせ練習の時、前回のテンポでメトロノームをこっそりONしてらして(勿論音は消して、赤いランプがぴかぴかしてるだけの状態)。
> 「ちょっと前より速くなりましたね」と言われた時、「うわプロフェッショナル」と思ったのを思い出しました。
> ド素人に合わせて伴奏しながらメトロノームのランプを確認するなんて、出来る人にはなんてことないのかもしれないですけど私には信じられない芸当でした;

これは、多分誰でも出来ますよ。ちらちらメトロノームの点滅をみて、自分の弾いている速さとどちらが早いか、だけ確認するのはそれ程難しいとは思いません。難しいのはそれに影響されずに自分のテンポを守ることではないでしょうか。

昔、友人の棒振り(もちろんアマチュア)に「♪=136で一分間振ってみ」とやった後、今度は「♪=132」とやらせたら、ちゃんと振り分けたのには驚かされましたけど。(替わって自分でやったら、ほとんどおんなじになりました・・・。)

credenza | URL | 2009.12.05 08:04

楽譜ガン見でもテンポは狂います。
ふらっふらです。
酔っ払いみたいですよ。
私だけなんすかね;;;;(テンポ音痴の自覚はあります)
弾きやすい&単純なパターンってわけじゃなくてもですよ。
(つか私の場合、そういうパターンではさほど狂わないです)
そして録音して初めて気づいて衝撃を受けるわけです。
(だから伴奏ピアニストの人がすごいと思ったんですけれどもね(結構せわしない曲だったし))

他の人はそうでもないんですかね;
なんか羨ましい;

i-hana | URL | 2009.12.05 13:07 | 編集

テンポって難しいですよね。
音階を正確に弾けるのは当然やらなきゃいけないと思いますが・・・

今日たまたま、ドッペルのテンポを鈴木教本のCDで測ってみたんですよ。
最初の方はM.M..=96よりちょっと速いくらいなんですが、なぜか途中からゆっくりになって、最終的にはM.M..=96よりちょっと遅いくらいでした。
教本のアレなCDでさえこれですから、血の通った演奏だったら、どうなるんでしょうか。

che | URL | 2009.12.05 22:52

こんばんは

メトロノーム わたしも検討中です。振り子タイプで
木製の小型にしようか 大きい方にしようか悩んでします。

実はいままで練習で、メトロノーム使ってませんでした。
そろそろそれなりの早さで弾かないと曲らしくならないので
どうせなら、感覚的に円をイメージしやすいものがいいかな
と思っています。

cheさんのドッペルのような曲だと相手もいるし、テンポというの
でしょうか、呼吸というのでしょうか合わせるのは大変でしょうね。

指揮者のお友達さすがです♪
132と136違い 明日実験してみようかな。
(お友達に指揮者をなさっている方もおられるんですね。
音楽関係者のかたが多いのでうらやましいです)

おそまきながら「ぴよぴよ」のほうに
credenzaさんのブログはらせていただきました。
(いろんな編集機能使いこなせていません)

ゆこべえ | URL | 2009.12.06 00:15

Re: タイトルなし

i-hanaさん
こんばんは

> 楽譜ガン見でもテンポは狂います。
> ふらっふらです。
> 酔っ払いみたいですよ。
> 私だけなんすかね;;;;(テンポ音痴の自覚はあります)
そんなことないですよ。私もぎーっと楽譜にらみながらやっているとテンポはいつも二の次になります。

> 弾きやすい&単純なパターンってわけじゃなくてもですよ。
> (つか私の場合、そういうパターンではさほど狂わないです)
なるほど。これは逆に素晴らしいですね。私なんかはこういうパターンの方が走り勝ちになります。

> そして録音して初めて気づいて衝撃を受けるわけです。
> (だから伴奏ピアニストの人がすごいと思ったんですけれどもね(結構せわしない曲だったし))
確かに録音して見るといろんなことに気がつきますね。

> 他の人はそうでもないんですかね;
> なんか羨ましい;
弾きながら自分で走っていると判るのですが、でもどうしようもなく走ってしまって、結局師匠にしかられています(笑)

credenza | URL | 2009.12.06 00:34

Re: タイトルなし

cheさん
> テンポって難しいですよね。
> 音階を正確に弾けるのは当然やらなきゃいけないと思いますが・・・
テンポの話ばかりすると、馬鹿にされますが、馬鹿に出来ない問題だと思います。
音程はそれとは別にちゃんときちんと取れないといけないのは言うまでも無いのですけど・・・

> 今日たまたま、ドッペルのテンポを鈴木教本のCDで測ってみたんですよ。
> 最初の方はM.M..=96よりちょっと速いくらいなんですが、なぜか途中からゆっくりになって、最終的にはM.M..=96よりちょっと遅いくらいでした。
> 教本のアレなCDでさえこれですから、血の通った演奏だったら、どうなるんでしょうか。
うーん、そうなんですか。どのような曲でも最初から最後まで機械の様に全く同じテンポというのは考えにくいですけど、ふつうだとわずかにテンポが上がるのが普通のように思います。
でもプラスマイナス5%ぐらいだと多分全然自然なんでしょうね。

credenza | URL | 2009.12.06 00:37

ピアノをやっていた頃から、メトロノームは振り子の方を勧められていました。
振り子だと目で一拍が分かるので、私にとってはこっちの方が楽です。
木製のメトロノームがいいなぁと思って楽器店で見たら、1万円超えてて断念しましたが、小型の振り子式のを買いました。

音符の長さ分きちんと伸ばして弾かないと、速くなっていく原因になると注意されたことがありますi-238
教本の4巻から、メトロノームさんと親密なお付き合いすること間違いなしですよi-278

キキ | URL | 2009.12.06 00:44 | 編集

Re: こんばんは

ゆこべえさん
こんばんは

> メトロノーム わたしも検討中です。振り子タイプで
> 木製の小型にしようか 大きい方にしようか悩んでします。
小型のものってポータブルなタイプの物でしょうか?
あまり持ち運びするのでなければ、普通のピラミッドみたいなものの方がいいかも知れませんね。あと、「音」は断然木製のものの方が柔らかくっていい感じです。

> 実はいままで練習で、メトロノーム使ってませんでした。
> そろそろそれなりの早さで弾かないと曲らしくならないので
> どうせなら、感覚的に円をイメージしやすいものがいいかな
> と思っています。

私もあえて使っていませんでした。時々ちょっと速さを確認したりするときに使いましたが。
あまり使うとメトロノームなしでは弾けなくなってしまう、と言う話もあるようですよ。

> cheさんのドッペルのような曲だと相手もいるし、テンポというの
> でしょうか、呼吸というのでしょうか合わせるのは大変でしょうね。

相手があるときはきちんと計ってテンポを決めた方がいいでしょうね。
演奏中はピアノの伴奏であってもちゃんと相手の音を聴いてあわせていくのが普通ですね。

cheさんの本番は相手の方がずいぶんcheさんの方をご覧になっていましたよ。

> 指揮者のお友達さすがです♪
> 132と136違い 明日実験してみようかな。
> (お友達に指揮者をなさっている方もおられるんですね。
> 音楽関係者のかたが多いのでうらやましいです)
いえ、これは随分昔の話で、同級生のお話です。彼はピアノも上手かったのですが結局医者になりました。が、この一分間に4拍の違いを何回やってもちゃんと振り分けたのはすさまじかったです。
そのほか別に何人か音楽でメシを食っている知り合いもいることもいますが。
(家庭教師していた頃の教え子とかの中にも音大の教授やプロになっているのもいます・・・いまやどっちが先生だかわかんなくなっています(笑))

> おそまきながら「ぴよぴよ」のほうに
> credenzaさんのブログはらせていただきました。
> (いろんな編集機能使いこなせていません)
リンク、ありがとうございました!
これからもよろしくお願いします。

credenza | URL | 2009.12.06 00:48

Re: タイトルなし

キキさん
こんばんは
> ピアノをやっていた頃から、メトロノームは振り子の方を勧められていました。
> 振り子だと目で一拍が分かるので、私にとってはこっちの方が楽です。
そうですよね。私もン十年前、ピアノを習っていた頃お世話になりました。
結構カンカンいうメトロノームでした。

> 木製のメトロノームがいいなぁと思って楽器店で見たら、1万円超えてて断念しましたが、小型の振り子式のを買いました。
小型のポータブルタイプでしょうか。
ををを。えっとですね、じつはですね、もう買ってあったりするのです(笑)
ネットを検索しまくって一番安かったのは、
http://item.rakuten.co.jp/actus/10000639/
です。送料込みで一万円切っていました。

> 音符の長さ分きちんと伸ばして弾かないと、速くなっていく原因になると注意されたことがありますi-238
> 教本の4巻から、メトロノームさんと親密なお付き合いすること間違いなしですよi-278
その通りですね。今日も師匠に注意されました。
4巻は・・・年明け以降になりそうな雰囲気です。また師匠のテンションが上がりそうで・・・

credenza | URL | 2009.12.06 00:57

メトロノーム

こんにちは(´▽`)
サラサーテのバックナンバーに、テンポの特集があり
読んだ覚えがあります。

そこにはテンポはメトロノームを使うこと。
また、その際に、針?が弧を描いて一定のリズムを
刻んでいることを、意識することとありました。

そのときは、意味が分かりませんでしたが、
耳と視覚と両方を意識せよという意味なんでしょうね~。

う~ん・・・奥が深いですね~

私は電子式を使っています。
ちゃんとしたのが欲しいですが、結構お高いんですよね~(;´▽`A``

ありるま | URL | 2009.12.06 11:47 | 編集

Re: メトロノーム

ありるまさん
こんにちは

> こんにちは(´▽`)
> サラサーテのバックナンバーに、テンポの特集があり
> 読んだ覚えがあります。
>
> そこにはテンポはメトロノームを使うこと。
> また、その際に、針?が弧を描いて一定のリズムを
> 刻んでいることを、意識することとありました。

なるほど。弧を描いていることを意識する、ということですね。

> そのときは、意味が分かりませんでしたが、
> 耳と視覚と両方を意識せよという意味なんでしょうね~。

そうでしょうね。ただし、この「弧を描く」というのは、電子式だとちょっとわかりにくいかもしれませんね。

>
> う~ん・・・奥が深いですね~
>
> 私は電子式を使っています。
> ちゃんとしたのが欲しいですが、結構お高いんですよね~(;´▽`A``

ちょっと高いかもしれませんが、やはりあの振り子のゆれと音を聞いていしまうと、電子式には戻りにくいものがありますね。

credenza | URL | 2009.12.06 13:46

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

Credenzaの本棚/レコード棚

音楽ブログ・リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。